Read the Leaders!

リーダーシップと人材育成の研究と実践を追求する、
「人を育てる」ための書評と世評ブログ。(readtheleaders.com)
<< RTC Vol. 19 | main | 日本の、これから >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因(西林 克彦)
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因西林 克彦

光文社 2005-09-20
売り上げランキング : 24241
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書 「わかったつもり」にさせる術は意図的に使われると怖い 読書

本書は「わかったつもり」に陥るメカニズムについて詳細に解説している。文章内での各部分の関連、読み手の発想を支配する文脈、などによって「よりよく読む」ことが如何に容易に妨げらるか、について深く掘り下げて説いているので、質の高い文章を読み書きしたい向きには、面白いだろう。

ただ文章の仔細な部分へのこだわりが強すぎる気もする。「わかったつもり」も必ずしも悪いわけではない。「わかったつもり」で終わっても、読むこと自体を楽しむ読み方もある。たとえば、本書で使われている正倉院の文章にしても、シルクロードから渡ってきた宝物の点数を読み取れなくても、商人達は何語で話したのか、価格はどのように決まったのか、など全く違う視点で遥か古の通商の様子に思いを馳せることが出来れば、それでも「よく読めた」ことになるのではないだろうか。文芸書には読み手側に読み方の自由があるのだと思う。

一方、ビジネスの世界では、読み手に読みとりかたを考えさせる文章は失格だ。誰が読んでも誤解の無い、簡潔な文章を書かなければならない。「わかったつもり」のレベルで読まれても、仕事が進むのに十分な文章を書くのが、書き手の責任である。

ところで本書から学べる事の一つは、読み手を「わかったつもり」にさせるテクニックが存在するということだ。教育や政治、宗教の世界でこのテクニックを意図的に使われると、これは怖い。そういう意味では、これらの分野では、読み手も気を抜いているわけにはいけないだろう。

この本を読んで、まさに「わかったつもり」のメカニズムを「わかったつもり」になってしまわず、文章の目的や内容によって読み方をコントロールできる自信のある人には、お勧めである。
グッド グッド グッド グッド
| 書評 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:10 | - | - |









http://sixthgradestar.jugem.cc/trackback/285


bk1書評の鉄人 No. 81 Amazon Best 1000 Reviewer
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ 次世代リーダー必読書
+ Ki-dousen
本日の格言


+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
静かなリーダーシップ
静かなリーダーシップ (JUGEMレビュー »)
ジョセフ・L. バダラッコ Joseph L.,Jr. Badaracco 夏里 尚子 高木 晴夫 渡辺 有貴
Leading Quietly is what first class leaders do.
+ RECOMMEND
「決定的瞬間」の思考法―キャリアとリーダーシップを磨くために
「決定的瞬間」の思考法―キャリアとリーダーシップを磨くために (JUGEMレビュー »)
ジョセフ L.バダラッコ 福嶋 俊造
When managers must choose between right and right.
+ RECOMMEND
組織行動のマネジメント―入門から実践へ
組織行動のマネジメント―入門から実践へ (JUGEMレビュー »)
ステファン・P. ロビンス, Stephen P. Robbins, ?木 晴夫, 永井 裕久, 福沢 英弘, 横田 絵理, 渡辺 直登
組織自体が成長しなければ、個人の成長はない。そのメカニズムを探る本。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Haiku
+ arigatou
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ